お役立ち記事

精神障害者の雇用状況・職種・仕事内容・雇用する上での課題について解説

2021年5月31日
 

近年、障害者雇用促進法の改正なども受け、障害者の雇用率は増加傾向にあり、注目が集まっています。しかし、障害者を雇用するにあたって課題を抱えている企業も少なくありません。ここでは、障害者の中でも精神障害者の雇用に焦点を当て、職種や仕事内容、労働時間、賃金などの現状や雇用する上で課題となる点、配慮が必要な点について解説します。

IT業界における障害者雇用の状況や課題を解説!必要になるスキルなども紹介

2021年3月12日
 

日本には「障害者雇用促進法」という、障害者の職業安定を図る目的で作られた法律があります。そこでは一定の範囲内で事業主に対する雇用の義務が課せられていたり、差別の禁止が義務付けられていたりなど、障害者の方が就職しやすい環境となるように制度が設けられています。近年はIT業界への注目度が高まり、この業界を目指す方も増えていることでしょう。

障害者雇用における給与の決め方と注意点!給与の現状も紹介

2021年3月12日
 

障害者を雇用する際の給与設定は、雇用前にしっかりと検討する必要があります。しかし初めて障害者雇用を試みる企業にとっては、どのように給与を決めれば良いのか、一般雇用との違いはあるのかなど、不明な点も多いことでしょう。以下では、障害者雇用における給与の現状や一般雇用の給与との違い、給与を設定する上での重要なポイントなどを解説していきます。

対象企業は要注意!障害者の法定雇用率が2.3%に引き上がります

2021年1月18日
 

障害者の雇用義務については、障害者雇用促進法によって定められています。そして、企業や地方公共団体において、障害者を何人雇用するかを定めた基準が「法定雇用率」です。2021年3月に障害者の法定雇用率が引き上げられます。今回の改正にあたって、障害者雇用の対象となる企業の条件が「従業員45.5人以上」から「従業員43.5人以上」となります。

【東京都】障害者雇用に関する助成金について

2020年12月8日
 

東京都中小企業障害者雇用支援助成金は、対象者を助成満了後も継続で雇用を行った場合、支給された賃金の一部が助成される制度です。こちらの制度は就業場所は都内の中小企業であることなど、上限を満たしている場合が対象となります。また、対象者が雇用開発助成金の期間を満了し、更に助成期間を終えた後も継続で雇用されていることが条件です。

障害者雇用をすることによる優遇措置と申請方法

2020年12月8日
 

事業主が従業員を雇う上で「障害者雇用」は外せないものでしょう。民間企業での法定雇用率は2.2%とされています。また、令和3年3月1日からは2.3%に上がります。障害者を雇用するとなると、職場をバリアフリー化したり合理的配慮をしたりする必要も出てきます。今回は障害者雇用をすることによる優遇措置と申請方法についてまとめました。

障害者雇用促進方について

2020年12月8日
 

障害者雇用促進法の正式名称は「障害者の雇用の促進等に関する法律」といい、障害のある人の職業の安定を実現するための法律です。英語では「The Act for Promotion of Employment
of Persons with Disabilities」と表記します。1960年に制定された「身体障害者雇用促進法」がもととなり、名称を含む数多くの改正を経て現在に至ります。